レビトラのジュネリック製品は種類も豊富にあります

ED治療薬として馴染みのあるレビトラですが、先薬と同じ内容の成分と効果があるレビトラジェネリック製品はたくさん存在しています。

本元であるレビトラはドイツにあるバイエル薬品によって製造販売されています。
レビトラやジェネリック製品に含まれている成分はバルデナフィルという成分で、食事の影響を受けず、10ミリグラム服用した場合には、男性的機能効果が4時間から5時間ほど継続し、20ミリグラム服用した場合には、その倍の時間継続させることができます。
個人輸入の場合だとレビトラは偽造しやすく、また見分けもつかないため注意が必要なのです。
先薬であるレビトラさえ偽造しやすいので、レビトラジェネリック製品についてはさらに注意が必要でしょう。
偽物を掴まされないためにも商品に対する知識やメーカー、製造国についてはある程度知っておく必要があると言えます。
現在ジェネリック製品としてよく知られているのがジェビトラやサビトラがあります。
ジェビトラの製薬メーカーはインドにあるSunrise Remedies社です。
サビトラの方もインドにある製薬会社でSava Medica社から製造販売されています。
レビトラの方は個人輸入した場合、4錠でおよそ8千円前後しますが、レビトラやサビトラの方は1錠で4百円前後とかなり安いのが特徴です。
何故インドでのジェネリック製品がここまで安いのかというと、インドでは特許の実施料を支払えば先発薬品を製造しているメーカーが訴えることが出来ないというシステムを取っているからです。
ジュネリック製品を購入する際には、しっかりと製薬メーカーと製造国を確認して偽物を掴まされないようにしましょう。