効果が高められたED治療薬のレビトラにチャレンジ

勃起不全治療薬としては珍しく、著名な俳優を使いテレビコマーシャルを放送していた事もあった、ドイツの大手医薬品メーカーであるバイエル薬品で開発されました。
そして、日本国内では2004年4月に厚生労働省から販売が許可された医薬品がレビトラです。
銀色のパッケージにオレンジ色が印象的な錠剤で、まず5mg錠と10mg錠が発売された後に、20mg錠が発売されました。
この医薬品の成分はバルデナフィルという特定の部分の血管を拡張させる成分が含まれており、かつ水に溶けやすいという性質があります。
そして、半減期も長くなっており40分強から55分前後となっているのです。
それでは、当該のED治療薬の効果・効能説明しましょう。
そもそも勃起する際の条件として、知覚・触覚等の感覚により性的な刺激を覚える事が前提です。
そしてまず一酸化窒素を信号として局部の平滑筋を弛緩させ、サイクリックグアノシンーリン酸を増加させると、血管が拡張するという現象が発生します。
そうすると酵素の一つであるホスホジエステラーゼ5型が、サイクリックグアノシンーリン酸を破壊する事で、海綿体と呼ばれるスポンジの様な組織体内部の血管が縮むという訳です。
すると血流が抑えられ結果として、勃起は治まってしまいます。
という事は逆に言えばホスホジエステラーゼ5型という成分を意図的に抑制してしまえば、勃起の継続維持に貢献する事が出来ると考えられます。
レビトラはその様な事を可能にするだけではなく、服薬してから性行為に至るまでの間に食事をする事も、バイアグラに比較すれば寛容的と言えるでしょう。
但し誤解してはならないのは満腹するまで食事したり、高カロリーの食事でも良いという意味ではありません。
つまり、総エネルギーの3割以内程度で済ます事が望ましいという事です。
もう少し具体的に言えば700kcalでありながら、脂肪分も3割以内にする事を意味しています。
そして注意点としては性行為の1時間前に服薬し、次回に服薬する場合には24時間空ける事が大切です。
また慢性血栓塞栓性肺高血圧症や抗不整脈薬、あるいはHIV治療薬等を常日頃から服薬している場合は禁忌とされています。
良く判らない場合は、ED治療薬に詳しい医師や薬剤師に確認してから、服薬する方が安全です。
気になる価格ですが10mgは税込みで1錠当たり1500円で、20mg錠の場合は2000円です当該医薬品のジェネリック版はまだ日本国内では発売する認可が下りていませんので、安価に入手したい場合は海外製のジェネリック版であるバリフを個人輸入代行業者を通じて購入するのが簡単でしょう。

レビトラジェネリックのバリフを通販する|お薬110番